ほくろ除去でコンプレックス解消|レーザーでほくろが無かったことに

女の人

コンプレックスを無くす

顔に触れる女性

まっさらな肌を手に入れる

ほくろは、そのできている場所や大きさによって、周囲の人が思っている以上に本人にとってはコンプレックスになっていることがあります。特に、鼻や目の周りなど、目立つところにあったりすると、「これさえなかったら」とため息をつきたくなることもしばしばでしょう。そんな悩みを解決してくれるのが、ほくろ除去です。 ほくろ除去は皮膚科や形成外科でも受けられますが、ことに人気があるのが、美容整形で受けるレーザー治療です。これは、炭酸ガスレーザーもしくはヤグレーザーをほくろに照射することで、ほくろを薄くし、除去するものです。 やはり、ほくろ除去を行うといった場合、単にほくろがなくなるだけでは、意味がありません。例えば、ほくろはなくなったけれど、除去治療のための切除跡が残ってしまった、というのでは何にもならないでしょう。美しい、まっさらな肌を手に入れてこそ、ほくろ除去をした意味があるのです。 その点、美容整形クリニックでは、ほくろを除去するだけではなく、その後の美しい肌の実現に、ポイントを置いた施術を行ってくれます。そして、その美しい肌の実現に最も効果があるのが、このレーザー治療なのです。 美容整形でのほくろ除去、支持されるのはやはりその仕上がりにあると言えるでしょう。

二兎を追う者も二兎を得る

ほくろがなくなるだけではなく、その仕上がりの美しさから人気のある美容整形でのレーザー治療ですが、どのような特徴があるのでしょうか。 レーザーによるほくろ除去は、通常盛り上がりのあるほくろには炭酸ガスレーザー、平らで小さ目なものにはヤグレーザーが使われます。炭酸ガスレーザーは熱による力で色素細胞を破壊してくれます。周辺の組織には損傷を与えませんし、比較的深部までレーザーの熱が届くので、根の深いほくろにも効果があります。また、麻酔をしますので、痛みも感じません。メスで切除する方法よりも、気軽にほくろ除去を受けることができます。ヤグレーザーはメラニン色素に反応するレーザーで、やはり周辺組織を傷つけることなく、ほくろを薄くして、なくしていきます。どちらも、傷跡が残らず身体に負担をかけない、痛みがなく気軽に受けることができる、という特徴があります。安全性が高いのに、効果も実感できるという嬉しい治療法なのです。 ほくろ除去はメスで切除する必要があるのか、と考えている方は、一度整形クリニックのレーザー治療について、相談をされてみてはいかがでしょうか。きっと、ほくろ除去のイメージが変わるのではないでしょうか。