ほくろ除去でコンプレックス解消|レーザーでほくろが無かったことに

女の人

ほくろを除去して美しく

美容整形

除去するときめたら

顔にある大きなほくろが気になる、顔のあちこちにあるほくろを除去したい。どんどんほくろが増えてしまっていてとても気になる。そう思う人はとても多いと思います。洋服で隠せるような場所にあるほくろであれば気にならないかもしれませんが、顔や手など人の目に留まりやすい箇所にあるほくろは気にしたくなくても、意識していなくても鏡を見たりするとどうしても気になってしまいます。ほくろは薄いものであれば、化粧をする過程でコンシーラーなどでカバーすることで目立たなくすることが出来ます。しかし、目立つものはなかなか隠すことが出来ません。人の目に触れる場所にあるほくろは目立つのもあり、コンプレックスを抱えてしまう事も少なくありません。ほくろ除去をすると決めたら、整形外科などを中心に病院探しを始める場合がほとんどです。整形をしてくれる病院だけ調べるのではなく、どのような方法があるのか、ほくろ除去後のトラブルやお手入れの方法、施術費用などをきちんと調べて、実際に病院やクリニックで説明をうけることが不安を安心に変える一番の方法です。ほくろは大きさや状態、除去したい個数によって費用が変わってきます。施術に関してはそれぞれにメリットやデメリットがあるため、自分が納得するまでしっかりカウンセリングを受けてから、治療を始めることが大切です。

痛みが少なく簡単に除去

体への負担が少ないことからほくろ除去はとても人気があります。それだけでなく、施術時間が短いことや費用の安さも人気の要因です。メスを使わずに除去できることもあって、プチ整形として気軽に利用する事が出来ます。美容整形外科やクリニックでのほくろ除去方法は様々ありますが、主流になっているにはほくろにレーザーをあてて少しずつレーザーによるほくろ除去です。小さなほくろや平らなほくろに多く使われる方法です。もうひとつの方法は、電気凝固法という電気を使ってほくろを除去する方法があります。大きなほくろや盛り上がっているほくろを除去することができ、施術時間も5〜10分と短く傷跡が殆ど残らないためこちらも人気があります。大きさによって施術回数が複数回必要になることもありますが、電気凝固法はほくろの再生が少なく済む為、この選択する人が多いです。他にも鼻や口元にあるほくろをくりぬいてしまうくりぬき法や根が深いほくろには切開縫合法などがあります。病院でしっかりと見てもらい、自分に合った施術方法で除去することで綺麗な肌を手に入れることができ、綺麗な自分に自信を持つことができるでしょう。