ほくろ除去でコンプレックス解消|レーザーでほくろが無かったことに

女の人

ほくろを消すレーザー治療

鏡を見る女の人

炭酸ガスレーザーの特徴

ほくろを除去する美容整形手術は、美容外科や美容皮膚科クリニック等でできます。小さいほくろ除去であれば、レーザーで行うのが一般的です。ほくろ除去の美容整形に使われているのは、主に炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザーは、真皮層にあるほくろのもとであるメラニンを消去して、ほくろ除去をすることができるマシンです。レーザーを使うと、周りの皮膚を傷つけることなく、ほくろだけをきれいに消去することができます。3ミリ程度の小さなほくろなら、麻酔なしでもレーザーを照射できます。治療時間はひとつ5分くらいです。5ミリ以上の大きめなほくろは、局所麻酔をしてからレーザーを照射します。麻酔が効いているので、触られている感触もないまますぐに終わります。炭酸ガスレーザーでほくろ除去をすると、1週間ぐらい除去したあとが火傷跡のようになります。そして治療後1ヶ月位でかさぶたになります。かさぶたが古い角質とともにはがれ、はがれた跡が周りと同じ肌色に戻るまでに数カ月かかります。

治療をした後の注意点

ほくろ除去の美容整形をするにあたっては、いろいろな注意点があります。レーザー治療をしたあとは、患部に肌色の絆創膏のようなものを貼ってくれます。だいぶ強力な粘着力があり、洗顔をしてもはがれないようになっています。治療をした後3日位はそのまま絆創膏を貼りっぱなしにして、3日後ぐらいにはがします。はがした後は、クリニックで処方された軟膏を1日1回塗るようにします。夜寝る前に塗るのが効果的です。レーザー治療した後に日焼けをすると跡が残ってしまうので、紫外線防止を心がけることが大切です。日中は日焼け止めとファンデーションをしっかり塗り、日光をあてないようにガードします。ほくろ除去をしても、稀にメラニンが再生されて、ほくろが再発することがあります。再発しても、再度レーザーを照射して取り除くことができます。ほくろ除去の整形手術は簡単にできますが、クリニックによっては取り残しがあったり、しっかり取ってくれないこともあります。そのため信頼できるクリニックで治療を受けることが大切です。